鐔 銘 武州赤坂住春吉作(菊花透の図)

¥180.000(税込)
保存刀装具鑑定書(平成25年2月)付
桑縁付桐箱・布団付
時代・国  江戸初期(約300年前)、武蔵。
法量     竪長さ8.10㎝ 横長さ7.95㎝
               厚さ0.65㎝    重さ100g
品質・形状 丸形 鉄地 地透 丸耳 両櫃孔。
説明     透鐔の中で京・尾張とならんで愛好家が多いのが赤坂鐔である。本作も上三代の作風を
        踏襲して、大振りで厚手のぼってりとした造り込みに三枚鍛えを施し、丸耳には線状や粒
               状の鉄骨が現れた力強い作風であるが、菊花の透し際などは繊細さも加味されていて出
        来が良い。
               春吉は銘鑑洩れであるが、作風や武州住の銘振りより、赤坂4代目にあたる初代忠時の
        門弟であった可能性が高く、同じ初代忠時の門弟であった優秀工の赤坂忠重とは兄弟弟
        子として交流があったとも考えられる。赤坂鐔隆盛の一翼を担った鐔工として、資料的に
        も貴重である。

NEWS

刀剣の販売・買取・下取・無料評価・鑑定・研磨・工作等、日本刀に関する全てのご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

商品案内

◆刀剣の販売

※日本刀は所有者変更届を教育委員会へ提出するだけで、どなたでも自由に所持できます。

◆刀装具の販売

◆武具・その他