鐔  銘  安親  義胤ウツス     (松樹駿馬図)(良工)

保存刀装具鑑定書(平成30年5月10日)付

                   ¥500.000(税込)

上製桐箱落込・布団付

時代・国  江戸後期(180年前)、武蔵。

 

法量    竪長さ7.43㎝ 横長さ6.9㎝ 厚さ0.43㎝ 重さ94

 

品質・形状 鉄槌目地 竪丸形 鋤出高彫 毛彫 金露象嵌 折返耳 両櫃孔。

 

説明    奈良派の名人土屋安親の優品を義胤が忠実に写した秀作である。

      すっきりした竪丸形の中に安親独特のさらりとした地鉄を用い

      て、丁寧に鋤出高彫を施している。老松の大きな幹から耳にか

      けてゆったりと立ち上がり、肉感のある馬の足もとには繊細な

      笹葉が施されている。裏の山水図も長閑な趣がある。

      本荘義胤は水心子正秀の一門で、大慶直胤の門人である。特に

      刀身彫の名手として定評があり、倶利伽羅や不動明王等が多く、

      竜の鱗には彼の特色がみられる。

      鐔には唐人物や動植物等も画題に取り上げて作域が広く、技量

      が高かった事が伺えるが、作品は数少なく貴重である。

 


NEWS

刀剣の販売・買取・下取・無料評価・鑑定・研磨・工作等、日本刀に関する全てのご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

商品案内

◆刀剣の販売

※日本刀は所有者変更届を教育委員会へ提出するだけで、どなたでも自由に所持できます。

◆刀装具の販売

◆武具・その他