鐔 無銘 矢上  (千疋猿透図)(良工)

                ¥80.000(税込)

上製桐箱落込・布団付

 

時代・国  江戸後期(200年前)、肥前。

 

法量    竪長さ7.24cm 横長さ6.93cm 厚さ0.63cm 重さ120

 

品質・形状 鉄地 竪丸形 地透 肉彫 毛彫 丸耳 金布目象嵌 真鍮象嵌。

 

説明    現在の長崎県長崎市にあたる、肥前国矢上。この地の鐔工野田光廣が

      得意としたのが「千疋猿透図」である。

        本鐔も多くの猿を細やかに彫り上げている。そのうえ、上部に「見ざ

      る聞かざる言わざる」、下部には「首に縄を掛けあい引っ張り合う猿

      」がいるなど、単一的でなく、それぞれの猿に個性がある。耳や櫃孔

      には金布目象嵌、猿の目には真鍮象嵌が残っているところもあり、当

      ときの華やかな姿も想像できる。南蛮鐔の影響を受けながら、日本人

      特有の繊細さや情緒が感じられる。立体的な図柄であり、毛彫も細や

      かで、見どころの多い優鐔である。

 


NEWS

刀剣の販売・買取・下取・無料評価・鑑定・研磨・工作等、日本刀に関する全てのご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

商品案内

◆刀剣の販売

※日本刀は所有者変更届を教育委員会へ提出するだけで、どなたでも自由に所持できます。

◆刀装具の販売

◆武具・その他