鐔 無銘  林    (網目透図)(上工)

保存刀装具鑑定書(平成20228)

 

               ¥240.000(税込)

上製桐箱落込・布団付

時代・国  江戸中期(300年前)、肥後。

 

法量    竪長さ7.62㎝ 横長さ7.2㎝ 厚さ0.54㎝ 重さ83

 

品質・形状 竪丸形 鉄磨地 地透 丸耳 両櫃孔。

 

説明    網目透の図は、古くから三つ浦透という名称で親しまれている。碁石

      形の黒く強い地鉄を垂直に彫下げて網目を透かしているが、網の目が

      細かく緻密で、網の中央に行くに従って、力がかかったように仕上げ

      ている。

        切羽台の形も小判形ですっきりとしている。

        初代又七の謹直な作風を踏襲しているものであり、二代重光や三代藤

      八に間々見られるものであるが、網目の力のかかり方から二代重光あ

      たりの作品であろうと思われる。

 


NEWS

刀剣の販売・買取・下取・無料評価・鑑定・研磨・工作等、日本刀に関する全てのご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

商品案内

◆刀剣の販売

※日本刀は所有者変更届を教育委員会へ提出するだけで、どなたでも自由に所持できます。

◆刀装具の販売

◆武具・その他