鐔 無銘  京正阿弥   (八ッ橋透図)

保存刀装具鑑定書(平成111222)

                  ¥180.000(税込)

上製桐箱・布団付

時代・国  桃山期(400年前)、山城。

 

法量    竪長さ8.64㎝ 横長さ8.65㎝ 厚さ0.43㎝ 重さ91

 

品質・形状 丸形 鉄磨地 地透 毛彫 金布目象嵌 丸耳 笄櫃孔。

 

説明    「京正阿弥」とは「古正阿弥」に対して使われる事が多いが、前者が

      桃山・江戸期のものとされるのに対し、後者が室町・桃山期のものと

      いうような漠然とした分類をされており、中には古正阿弥と京正阿弥

      を同義に解する人も多い。いずれにせよ京都を中心として、東山文化

      の持つ幽玄で閑寂な思想が根底にあって、さらに洗練された強健さが

      みられるものである。

      本作は、大振りで縦と横の寸法が同じ真丸形に仕立て、伊勢物語の東

      下りに杜若の名所として詠まれた、愛知県の八ッ橋の図を地透に施し

      ている。地には京正阿弥特有の金布目象嵌が残り、耳には細かい鉄骨

      が働いている。

        京透にも見えるような優鐔である。


NEWS

刀剣の販売・買取・下取・無料評価・鑑定・研磨・工作等、日本刀に関する全てのご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

商品案内

◆刀剣の販売

※日本刀は所有者変更届を教育委員会へ提出するだけで、どなたでも自由に所持できます。

◆刀装具の販売

◆武具・その他