縁頭 無銘  初代西垣勘四郎  (時雨に唐草図縁 波図山路頭)(上工)

「西垣」(伊藤満著)所載

                     ¥240.000(税込)

上製桐箱落込・布団付

時代・国  江戸初期(360年前)、肥後。

 

法量    縁長さ4.12cm 縁高さ0.82cm

      頭長さ3.19cm 頭高さ1.17cm

 

品質・形状 縁 鉄地 太鼓形 金布目象嵌 時雨鑢。

      頭 四分一地 深丸形 甲鋤彫 肉合彫。

 

説明    初代西垣勘四郎の縁頭で、鉄地に金象嵌の縁に四分一地の波山路の頭を取り合わ

      せている。肥後では信長拵の影響からか、縁とは異なる素材の波山路の頭が好ん

      で用いられた。これも長く肥後拵の柄前に付されていたものである。

      「西垣」の解説では「穏やかな太鼓形で、口に小べりをとって、壺口このような

      形にしている。地には働きがあり、時雨の鑢も味がある。金の唐草象嵌は雨足の

      間から少しだけ見えていて奥ゆかしい。頭も取り合わせであるが、糸穴を大きく

      取ったおおらかな造型で気持ちが良い。」と賞賛されている。

 

NEWS

刀剣の販売・買取・下取・無料評価・鑑定・研磨・工作等、日本刀に関する全てのご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

商品案内

◆刀剣の販売

※日本刀は所有者変更届を教育委員会へ提出するだけで、どなたでも自由に所持できます。

◆刀装具の販売

◆武具・その他