目貫 割短冊銘  東嶽子政常(花押)  (一疋虎図)(名工)

保存刀装具鑑定書(平成10630)

縁頭    銘  倣政隨作 石黒政常(花押)  (竹虎図)(名工)

保存刀装具鑑定書(平成221110)

金無垢しとどめ付

上製桐箱落込・布団付

                    ¥2.300.000(税込)

時代・国  江戸後期(220年前)、武蔵。

 

法量    表目貫3.79㎝ 高さ0.62

      裏目貫3.68㎝ 高さ0.53

      縁長3.88㎝  高さ1.35

      頭長3.53㎝  高さ0.86

 

品質・形状 目貫: 銀地 容彫 毛彫 赤銅平象嵌 金色絵。

      縁頭: 四分一石目地 鋤出高彫 金象嵌色絵。

 

説明    石黒政常は宝暦10(1760)に生まれ、加藤直常に師事して是常と名乗った。

      さらに直常の師家である柳川直政に入門を許されて修業した。独立開業して

      から柳川直政の「政」と加藤直常の「常」の各一字を貰って政常と改名して

      活躍し、横谷派中の有力な一支流を形成した。61歳の還暦の時から寿命と号

      し、呉服町に住んでいたが、文政11(1828)7月に69歳で没した名工である。

      本作は目貫と縁頭の取り合わせであるが、政常が得意とする虎の図柄で統一

      されており、虎目貫の姿態は今にも飛びかかって来そうな躍動感と目の鋭さ

      が印象深く、黒色の縞模様と毛並みの出来は見事である。

      縁頭には黒四分一地金を用いて、密集した暗い竹林を鋤出高彫で表現し、そ

      の透き間から獰猛な虎の片目がこちらを狙っている。何と迫力に満ちた構図

      であろうか、名工石黒政常の会心作である。

 

NEWS

刀剣の販売・買取・下取・無料評価・鑑定・研磨・工作等、日本刀に関する全てのご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

商品案内

◆刀剣の販売

※日本刀は所有者変更届を教育委員会へ提出するだけで、どなたでも自由に所持できます。

◆刀装具の販売

◆武具・その他