脇指(寸延短刀)  銘  長州岩倉住行観    (古刀・上作)

正平十一年三月日

21回重要刀剣指定書(昭和4831)

                   ¥4.300.000(税込)

本間薫山博士御鞘書付

新版日本刀講座・鑑刀日々抄所載品

金着二重鎺、白鞘付

東京都教育委員会登録証(昭和2793)

◎時代・国  

南北朝期(663年前)、長門。

 

◎法量    

刃長31.7(146) 反り僅か

元幅2.5(83) 元重0.52(17)

茎長9.5(314)

 

◎形状    

平造、庵棟、身幅やや広めに重ね薄く、ふくら枯れて、寸延びてほぼ無反りの健全なる体配で、姿が良い。

 

◎鍛     

よく錬れた大板目に綾杉風がゆったりと流れ、板目・杢目が交じり、総体に肌立って地沸よくつき、地景頻りに入って映り立つ。

 

◎刃文    

小のたれ調に小互の目、小乱れ交じり、刃縁ほつれて打ちのけ湯走りかかり、小沸よくついて金筋・砂流しかかり、ふんだんに働いて明るく冴える。

 

◎帽子    

乱れ込んで、先火焔風に尖りごころに小丸に深く返り、強く掃き掛けて金筋入る。

 

◎茎     

生ぶ、先栗尻、鑢目筋違い、目釘孔2

 

◎説明    

長州行観の短刀である。行観は大左の子である左安吉一派の刀工とされてきたが、本刀の存在によって、初代安吉と全く同年代の大左の同門であったが明らかとなった。

大左の遺作には暦応二年及び三年が現存するが、その子と伝える安吉にはそ17年後の正平十二年紀があって、本刀の正平十一年と同時期である。現存するものに在銘は少なく珍品で、地刃の出来が良く、しかも岩倉の居住地名、正平の年紀は資料的に貴重である。(重要図譜より抜粋)

因みに、長州岩倉は日本刀銘鑑によれば、現在の山口県山口市阿知須町岩倉とされており、当時の長州鍛冶の分布を知る上でも興味深い優刀である。

 

◎備考    

本間薫山博士の御鞘書には「経眼稀有就中佳作」と賞賛されている。

 


NEWS

刀剣の販売・買取・下取・無料評価・鑑定・研磨・工作等、日本刀に関する全てのご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

商品案内

◆刀剣の販売

※日本刀は所有者変更届を教育委員会へ提出するだけで、どなたでも自由に所持できます。

◆刀装具の販売

◆武具・その他