太刀  銘  越後國義光作    (現代刀・無鑑査刀匠)

昭和五十二二年八月日

                  ¥2,200,000(税込)

銀無垢二重鎺、白鞘付

東京都教育委員会登録証(昭和541025)

時代・国  現代(39年前)、越後。

 

法量    刃長76.3(2518) 反り2.0(66)

      元幅3.37(111) 先幅2.18(72)

      元重0.71(23厘半) 先重0.35(11厘半)

      鋒長3.03(1) 茎長23.6(779)

 

形状    鎬造、庵棟、腰反り高く、踏ん張り強く、元先の幅差があって小鋒となり、

      姿が良い。

 

鍛     小板目肌よく約み、淡く映り立ち、地沸つき、地景入り、明るい。

 

刃文    丁子乱れに互の目尖り刃等交じり、匂口締り、足・葉よく入り、明るく冴

      える。

 

帽子    乱れ込んで、先小丸に返る。

 

茎     生ぶ、鑢目勝手下がり、先栗尻、目釘孔1

 

説明    無鑑査刀匠、大野義光師による、国宝・熊野三所権現長光の写しである。大

      野義光刀匠は本名が吉川三男氏で、昭和23年に新潟県黒崎町に生まれた。刀

      鍛冶を志して日本大学在学中に吉原義人師の門を叩き、6年間の修行の後、

      昭和50年3月に作刀承認を受けて郷里の新潟県黒埼町に鞴(ふいご)を据え、

      新刀名作展初出品の同50年の奨励賞を皮切りに56年まで努力賞、奨励賞を連

      続受賞した。昭57年には多年の研鑚と創意への不断の努力を結実させて最

      高位の高松宮賞の栄に浴し、以降62年に無鑑査に認定されるまで、文化庁長

      官賞を一回、高松宮賞を4年連続受賞している名匠である。

      国宝・熊野三所権現長光は熊野地方の豪族九鬼家の重宝であったが、将軍家

      を経て、寺社奉行朽木植元が将軍綱吉より拝領したものと伝えられている名

      刀で、丁子に互の目を交えて、焼幅にあまり高低が無く、穏やかによくまと

      まった上品な味わいの深い名刀である。

      本刀もよくその特徴を忠実にとらえていて、法量・形状・鍛・刃文・帽子・

      茎等、総てにおいて本歌に迫るほどの出来映えを示しており、大野義光刀匠

      の高い技量が伺える優刀に仕上がっている。

 


NEWS

刀剣の販売・買取・下取・無料評価・鑑定・研磨・工作等、日本刀に関する全てのご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

商品案内

◆刀剣の販売

※日本刀は所有者変更届を教育委員会へ提出するだけで、どなたでも自由に所持できます。

◆刀装具の販売

◆武具・その他