刀  銘 備前國住長船与三左衛門尉祐定作(初代) (古刀・最上作)(大業物)

28回重要刀剣指定書(昭和56121)

                    ¥20.000.000(税込)

金無垢二重鎺、白鞘付

千葉県教育委員会登録証(昭和45522)

時代・国  室町後期(491年前)、備前。

 

法量    刃長64.0(211分強) 反り2.1(69厘強)

      元幅3.3(19) 先幅2.5(83)

      元重0.8(2分6厘強) 先重0.37(12)

      鋒長4.32(143) 茎長16.1(531)

 

形状    鎬造、丸棟、身幅広く、鎬地をおろして鎬高で重ね厚く、元先幅差少なく、

      横手が張って力強く、反り深く、先反りもつき、中鋒延びて姿が良い。

 

鍛     小板目に小杢目肌交じってよく約み、地沸細かによくつき、地景頻りに入り、

      映り立ち、明るい。

 

刃文    表裏ともに腰元と物打辺は複式の互の目乱で、特に物打辺は皆焼となり、そ

      の間は広直ぐ刃、総じて足・葉よく入り、小沸よくつき、細かい金筋・砂流

      しかかり、匂口冴える。

 

帽子    焼深く、乱れ込んで先尖りごころに深く返り、皆焼につながる。

 

茎     生ぶ、先栗尻、鑢目勝手下がり、目釘孔2

 

説明    最上作・大業物の与三左衛門尉祐定は、新刀・古刀期に活躍した数十名の祐

      定の中でも群を抜いた最高の刀工である。

      彦兵衛祐定の子で、姓は中川、父および子の弥九郎祐定との合作のほか、次

      郎左衛門尉勝光、治光、国光等とも造り、明応から始まって天文に至り、天

      文六年に71歳の添銘がある。

      本刀は地刃健全で出来が優れ、彼の本領をよく発揮したものであり、鎬地を

      卸して鎬筋が高く身幅の広い造り込みは末備前によく見るもので、鍛えも板

      目がよく錬れて地沸がつき強い鉄味を呈している。直ぐ刃と複式互の目を上

      半と下半に違えて焼いたものは時折経眼するが、この手の腰元と物打辺を複

      式互の目で焼いて、その間を直ぐ刃でつなぐという刃取りは珍しい。

                               (重要図譜より抜粋)

      注文主の銘がある事から推して、この刃文には特別の意図があったものと思

      われ、与三左衛門尉祐定作刀中、出色の優刀である。


NEWS

刀剣の販売・買取・下取・無料評価・鑑定・研磨・工作等、日本刀に関する全てのご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

商品案内

◆刀剣の販売

※日本刀は所有者変更届を教育委員会へ提出するだけで、どなたでも自由に所持できます。

◆刀装具の販売

◆武具・その他