刀  無銘 雲重    (古刀・上作)(良業物)

62回重要刀剣指定書(平成281018)

                   ¥2,900,000(税込)

田野辺探山先生御鞘書付

金着二重鎺、角口付白鞘付

東京都教育委員会登録証(平成241218)

◎時代・国  

南北朝期(650年前)、備前。

 

◎法量    

刃長71.4(2356) 反り1.9(63)

元幅3.2(16) 先幅2.3(76)

元重0.73(24) 先重0.46(15)

鋒長4.3(142) 茎長19.2(634)

 

◎形状    

鎬造、庵棟、身幅広く、元先の幅差さまで目立たず、重ね厚く、反りやや深くつき、頗る健全なる体配で、大鋒となる。

 

◎鍛     

板目に杢・流れ肌交じり、肌立ちごころとなり、地沸厚くつき、地景細かに入り、淡く映り立つ。

 

◎刃文    

直刃調極く浅くのたれ、小丁子・小互の目交じり、小足・葉入り、匂勝ち小沸つき、金筋・砂流しかかり、匂口明るく冴える。

 

◎帽子    

乱れ込み、先大丸ごころで頻りに掃きかけて短く返る。

 

◎彫物    

表裏に棒樋を掻き流す。

 

◎茎     

大磨上、先極く浅い栗尻、鑢目勝手下がり、目釘孔3

 

◎説明    

鎌倉時代後期から南北朝期にかけて、備前国宇甘庄に雲生・雲次・雲重らの刀工が在住しており、その居住地から宇甘派とも、また「雲」の字を冠するところから、雲類とも呼称されている。彼らの作風は備前物の中にあって異色であり、京の来物や隣国備中青江派の風情に通じるものや、大和気質を混在させたものなどがあって多彩である。

この刀は、鍛えは地沸が厚くつき、地景が細かに入り、淡く映り立って、刃文は小足・葉がよく入り、金筋・砂流しがかかるなどの出来口を示しており、本来の備前伝に青江気質や京気質が強調されて雲類の見どころが顕示されている。幅広大鋒の力強い姿態から南北朝期貞治頃の雲重と鑑せられるもので、重ねも厚く、堂々とした雲重極めの優品である。(重要図譜より抜粋、転載)

 


NEWS

刀剣の販売・買取・下取・無料評価・鑑定・研磨・工作等、日本刀に関する全てのご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

商品案内

◆刀剣の販売

※日本刀は所有者変更届を教育委員会へ提出するだけで、どなたでも自由に所持できます。

◆刀装具の販売

◆武具・その他